念願のパンケーキレンズを手に入れたぞ!というかKiss X7のために作られたとも思える出来だ!

スポンサーリンク

ついにレンズ沼に落ちて、パンケーキレンズを購入しちゃいました。

単焦点レンズ=パンケーキレンズを購入してしまいました。
パンケーキレンズといえばズーム機構はないものの、明るいレンズを作り出すことができるため、
F値2.8を実現しており、ボカシも多彩に表現でき、光を拾いやすい点から夜間の撮影もし易いです。

そこで今回購入したのはEOS Kiss X7で使えるEF-S機構の24mm F2.8です。
価格.comでも17000円程度の価格で購入でき、筆者は家電量販店にてポイント付きの実質同等価格で入手しました。

<メーカーページ>
http://cweb.canon.jp/ef/lineup/ef-s/ef-s24-f28-stm/

<スペック>

画角(水平・垂直・対角線) 50°35’・34°55’・59°10’
レンズ構成 5群6枚
絞り羽根枚数 7枚
最小絞り 22
最短撮影距離 0.16m
最大撮影倍率 0.27倍
フィルター径 52mm
最大径×長さ φ68.2×22.8mm
質量 125g

スペックを見ますとF値の小ささもわかりますが、軽さが125gで軽量であることと、コンデジ並みの16cmからマクロ撮影できる点も魅力的だと思います。

まるでミラーレス級の持ち歩き最強なコンパクトサイズに

EOS Kiss X7の組み合わせによりミラーレス一眼級のサイズとなり、最強の持ち歩きカメラになる点がスゴイ。

レンズだけで22mm・本体入れても奥行90mmの超コンパクトさ

一眼レフのイメージといえば、重いレンズとボディを忍ばせて本気モードで撮りに行く!って感じなイメージを持っていましたが、このレンズを装着すれば本当に小さく、散歩しながら重さを気にせず本気の撮影を楽しむことができちゃいます。

35mm換算38mmという画角が持ち歩きカメラに丁度よい

焦点距離24mm=35mm換算38mmの広角レンズであるため、この画角が丁度よくオールマイティに使用できます。
ちなみにこのレンズを買う前にEF 40mm F2.8単焦点レンズも所有しておりましたが、焦点距離40mmになると35mm換算で64mmとなってしまい、ズーム気味な写りとなり被写体に合わせるために離れて撮影する使いずらさで使わなくなってしまいました。明るくコスパ良好なEF 50mm F1.8単焦点も同様に写りは良いですが、撮影には多少苦労するレンズです。

このレンズは撮影するのに苦労することがありませんので、まさに持ち歩きカメラに最適なレンズといえるでしょう。

こんな感じに撮影できる(作例)

※色補正しています、ご了承ください。ボカシ感など体感いただければ・・・

さくら!!

新美南吉モテモテチェアー

しかさん

ながさきました!奥にはマフラーの芽も

名古屋港の夜景です

まとめ

コンパクトなサイズ、画角、重量により持ち歩きカメラに適したレンズです
また、EOS Kiss X7とのペアなら持ち歩き最強のコンパクト一眼レフに進化します。
といった特徴によりぜひともKiss X7ユーザーの方であればぜひ抑えておきたいレンズといえます。
価格も2万以内で入門者でも手に届く価格なのも良い点でしょう。

これにより筆者は日常使用はEOS Kiss X7とこのレンズの組み合わせで使用しており大満足です!

それとあえて欠点を述べるとするのであれば、
・焦点合わせのモーターが純正標準レンズと比較するとうるさい。
・広角レンズのためスマホ撮影のような構図になってしまう。
という贅沢な欠点があります。
前者は動画撮影では使用を自粛する。後者は腕で素敵な写真を撮影しちゃいましょう。

「よ~し、今日も撮影しにいっちゃうぞ~」

スポンサーリンク