Note8ユーザーとなりはや2ヶ月ほど、現在では必須なモバイルガジェットとなりつつあります。
今回、養分プライスと言われている純正のフリップカバーを購入しました。その使い心地についてお送りします。

1.Galaxy Note8 CLEAR VIEW STANDING COVERとは

http://www.galaxymobile.jp/accessories/galaxy-note8-clear-view-standing-cover/

Samsung純正として発売するフリップタイプのケースです。
単なるケースと違い純正設計となりますのでピッタしなサイズなのと品質の良さが特徴である。

なお、価格はamazonでも5700円ほどする純正強気価格です。(2017/12/28現在)
Docomo/auショップでも販売されているとのことですが定価の6500円で売られているのでしょうねぇ。

2.純正らしいしっかりした質と肌さわりの良さ

これまで純正ケースは購入したことすらなく、ebayの激安品やシリコンケースばかりを使用してきました筆者です。
今回このSTANDING COVERを使用して、質感の良さを感じ取ることができました。

見ていて安っぽさを感じません。あとはフリップ部の触り心地が独自のザラザラを出しておりクセになります。
裏面は革調に近い、ふんわりしたような触り心地になっています。

3.Alway on displayを活用できる唯一のケース

Note8の特徴といえば有機ELディスプレイを活かした、消灯時も常時時計などを表示してくれるAlways on display
ケースの表面は名前通りClear Viewということでクリアとなっています。
クリアな部分に時計表示をしてくれるのでフリップしなくても確認することが可能です。
あとは、フリップを閉じたときにディスプレイの文字の明るさをフリップの暗さを考慮して明るくなります。
流石純正と思わせる配慮です。

4.閉じるだけでロック&画面消灯してくれるのは楽

流石純正ケースということで閉じるだけでロックをしてくれたり、解除後一定時間は開いてもアンロック状態にしてくれたりと気の利いたおもてなしをしてくれます。即ロックON/OFFは本体設定より変更可能です。

また、フリップを閉じるだけで画面OFFにしてくれますので、カメラ撮影など何かを使用した後にサイドの画面切ボタンを押さずに画面OFFにしてくれるのは非常に便利です。
今では、この機能なしでは離れられません。

 

5.欠点は重さと表面の傷のつきやすさにつきる。

素材品質と独自の拡張機能には全く問題ないのですが、気になるのは重さと表面素材の傷のつきやすさです。

裏面をみたらわかるように分厚くて重い

裏面だけで4mmほど分厚くなっています。分厚いっ。。。
iPhoneSE半分クラスの重量は67g増という重さも気になる。

分厚さとフリップのお陰で横画面での片手撮影は難しいです。
イエデンワ持ちながらの撮影は、軽いGalaxy S8で最近撮影することが多いです。

傷のつきやすさも気になるところ

文章作成から1週間ほど経過しましたが、これよりも線傷がかなり増えてしまいまっています。
クリアタイプなので仕方ないのですが、6千円台の高価格カバーなので傷付きにくい素材にして欲しかったなぁ。

6.重さと持ち運びには難点があるものの、純正というクオリティの高さがそれ以上の良さを提供してくれる

重さと持ち運びに傷の付きやすさな問題を挙げさせていただきましたが、それ以上に純正カバーという製品品質の高さと独自のフリップ連動機能といった付加機能がデメリットを上回ります。

せっかくの高価なスマホであり、自慢できる高性能なNote8でありますから、
高品質な純正ケースでドヤァ!したいですよね。買っちゃいましょう!

スポンサーリンク