念願の最新のGalaxy Noteシリーズ Note8を手に入れました。

Galaxy Noteシリーズといえば昨年のNote7がバッテリー問題で大コケ。
世界中で本体回収騒ぎとなりました。
筆者自身は日本で発売されると思い、フィルムとケースを輸入して全裸待機したものの発売されなかったためタンスの肥やしとなったことを思い出します。

<フィルムケース>

今回はそのNote7の後継モデル、Samsungとしても前回のイメージを払拭すべく気合いの入ったNote8を購入しました。
ちょうど台湾に行く用事がありましたので、現地での購入です。
まだ日本では発売されておりませんので、国際版モデルの状況をお送ります。

1.内容としてはこんなスマホ

SAMSUNG公式 Galaxy Note8のページ

日本版の公式ページが出ております、まとめはこちらを見ていただけるとわかりやすいです。

防水なのはもちろん、S8と同じく虹彩認証・フル曲面ディスプレイが付くようになり、
流行のダブルカメラ搭載でメモリ&6GB、一番注目点のペンもついております。
まさにハイエンドモデル!といった内容といえるでしょう。

ライバルモデルを含めた仕様表は以下のとおりです。engadgetさんより流用

GALAXY NOTE 8 GALAXY S8+ IPHONE 7 PLUS
出荷時OS Android 7.1.1 Android 7.0 iOS 10
画面サイズ 6.3インチ 6.2インチ 5.5インチ
解像度 2960 x 1440 (515ppi) 2960 x 1440 (529 ppi) 1920 x 1080 (401 ppi)
ディスプレイ Quad HD+ Super AMOLED Quad HD+ Super AMOLED Retina HD
プロセッサ Snapdragon 835 Snapdragon 835 Apple A10 Fusion
GPU Adreno 540 Adreno 540 PowerVR Series 7XT GT7600 Plus
RAM 6GB 4GB 3GB
ストレージ 64GB 64GB 32/128/256GB
前面カメラ 8MP、f/1.7 8MP 7MP、f/2.2
背面カメラ Dual cameras:
12MP、f/1.7 (ワイド、光学手ぶれ補正)
12MP、f/2.4 (テレ、光学手ぶれ補正)
12MP, f/1.7 Dual cameras:
12MP、f/1.8 (ワイド)
12MP、f/2.8 (テレ、光学手ぶれ補正)
動画撮影 4K 4K 4K at 30fps
WiFi 802.11ac 802.11ac 802.11ac
Bluetooth v5.0 v5.0 v4.2
NFC Yes Yes Yes
バッテリー容量 3300mAh 3500mAh 2900mAh
寸法 162.5 x 74.8 x 8.6mm 159.5 x 73.4 x 8.1mm 158.2 x 77.9 x 7.3mm
重さ 195g 173g 188g
その他 虹彩認証、指紋センサー、 USB Type-C、IP68防水防塵 虹彩認証、指紋センサー、 USB Type-C、IP68防水防塵 Touch ID、IP67 防水防塵,Lightningコネクタ

 

1.外観はこんな感じ


表面
Galaxy S8+と比較するとすこし拡大したのみなので、S8+と同等のサイズのように感じます。
このサイズで気づくことが画面比からみると気づくことがひとつ

小さくなった&曲面ディスプレイにより持ちやすいXperia Z Ultraのように感じます!
Zultraが6.4インチなので、6.3インチのnote8と近いです。
ミニXperia Z Ultraなのにペン対応と思うと、理想的なファブレット端末ですね!

裏面はこんな感じ。オーキッドグレイを選択しましたが、裏面は光沢なシルバー調
指紋が目立ちますね~、汚れが目立ってすみません・・・・

イヤホン端子と接続はmicroCタイプです
ペン部は下部右側にあり、プッシュすると出てきます。(NoteEdgeから大きな進化

ペンはこんな感じである。SAMSUNGロゴあたりは光沢がきいているが、質感は本体に比べると劣るのが気になるところです。

ちなみに某台湾の集まりでは3台Note8が集まりました。
Galaxy Note24あたまおかしいですね((((

 

2.カメラはこうじゃ

 

デュアルカメラになったGalaxy Note8のカメラ画質はこんな感じです!

Note8

GALAXY S8

つぎはズームのテストです

Note8

Galaxy S8

Note8は光学2倍ズームを効かせていますので、画質は歴然ですね!

つぎは飯の写真でも。ご飯モードがありますがオートモードで撮影です。

Note8


G
ALAXY S8

あまり変化はないですが、なんとなーく深みのある絵になったような気がします。
あと光学2倍になったので、ズーム時は圧倒的な差を見せつけてくれますね!

 

3.ぼかし撮影のできる「ライブフォーカス」はちょいと癖あり!?

今回のGalaxy Note8の特徴は、Galaxyシリーズでデュアルカメラを搭載しました。
iPhoneでいうポートレートモードを搭載し、2つのカメラでいい感じなぼかし写真を撮影してくれます。

癖があるのは、望遠側のカメラベースで撮影することになり、被写体から離れなければなりません。
さらに望遠カメラの状態のまま、撮影物から1.2m離れないと撮影できません。
HuawiのP9/mate9ユーザーからすると、ポートレートモードにすると被写体から離れなければならないんだ・・・という違和感にさいなまれます。

撮影後にぼかしの量を調整することが可能です。

こちらはぼかし量の少ない絵

ガンガンにぼかせれます!

ぼかしを強化するとガンガンにぼかせれます。
GALAXYユーザー待望のぼかし撮影ですね!これまでは選択フォーカスで擬似的に出来ておりましたが、2段階なのとシャッター時間かかるのが微妙でしたので、大きな進化です。

4.その他気づいたこと

ケースとガラスフィルムは渡航する前に事前に購入しました。
モデルはこちらです。

<ケースの写真>

ちなみにこのガラスフィルムは微妙にズレがあり、反応が劣ります。

 

以上 気づいたことを記しました。

また、現地での購入に関して、最近凍結果汁となった「ものすくさん」のご協力をいただき購入できました。ありがとうございました。

次はSペン機能を試してみたいと思います~~~

 

 

 

<シェア>急ぎのコメントはツイートすると早く回答できます。
スポンサーリンク

広告