名古屋大須に出来たスマートフォンアクセサリーショップ「デラスマ」でこんなものを購入しました。

どでかいiPhoneは別としまして(笑)
赤色に輝くパッケージは、そうです!下駄で有名なアレです。

iPhone SIMロック解除アダプター GEVEY UltraSです!

実際にDocomoとして使用してみましたので紹介してみたいと思います。
ダブルXi割で5円パケット定額回線をお持ちで余らせている方、本エントリーは必見です。

1・まずGEVEY UltraSとはなんぞや?

国内版のiPhone4Sは通常、購入した通信事業者さんのSIMカードしか使えないようになっています。
しかし、このGEVEY UltraSというSIMカードアダプターを装着し、SIMカードを入れると脱獄無しでSimフリー状態となり、どの事業者さんのSIMカードでも認識できるようになるツールです

手軽にSIMフリー状態に出来てしまうこともあって人気の商品みたいです。
今回デラスマにて2980円で購入しました、通常4800円するアイテムなのでこれは安いです。(買い占めたくなっちゃう)

※iPhone4SのiOSのバージョンや製造ロットによって使用できない場合がある模様です。詳細はこちらを参照してください。
また、ニセモノも数多く出回っておりますので、安心できる店舗・正規販売店舗で購入するのをおすすめします。

2・au iPhoneがDocomoで使えてしまう理由は?

auとDocomoは周波数帯も違うながらも、CDMA EV-DO/W-CDMA(HSDPA/HSUPA)と通信方式が異なります。
ということなのでauとDocomoに対応した端末は殆ど存在しません。

しか~し、au版のiPhoneは裏箱のスペックシートを確認すると

au版iPhoneは、Docomoの周波数帯・通信方式にも対応しています
よってハード的に対応しているため、SIMロック解除を行えばau iPhoneがDocomoで使えてしまうのです

異周波数帯・通信方式に対応している端末は、au Iphone以外ではMotolora Photonぐらいなので本当に珍しいです。
是非ガジェクラならau iPhoneは1台所有しとくべきです。

※逆にSoftBank版はauの周波数帯・通信方式に対応していないため出来ません。ということはau版iPhoneのほうがお得なんですね。
中古市場はSoftBank版のほうが高いのにねなんでだろうね?

3・Docomo化をやってみました

方法は簡単、
SIMカードアダプターにDocomoのSIMカードを装着し、設定→電話からGEVEYのアプリを選び元々購入した通信事業者のiPhoneを設定します。(auだとJP KDDIですな)
そして、再起動をかければ認識されちゃいます。

昔のGEVEYですと112に電話する必要があり、なおかつ失敗率も高かったのが一発で出来るようになりました。
GEVEY自体も進化していることがわかりますね(しかし、私のはSIMアダプターの質が悪く装着しずらかったです)

<結果>

もともとKDDIのネットワークを掴んでいたものが、

DOCOMOで認識できてSIMフリー化大成功~!!

パケット通信を行いたい場合はmoperaに契約して、ネットワーク→モバイル通信ネットワークからAPN設定を行いましょう。

関連エントリー:iPhone4版のGEVEY紹介記事はこちらです。

iPhone4 32GB ホワイト購入と その使い道

 

~さいごに~
もちろんアップル保証対象外の行為です、真似てiPhoneを壊しても責任負いかねますので自己責任でお願いしますね。

<シェア>急ぎのコメントはツイートすると早く回答できます。
スポンサーリンク

広告