2017年5月にHuawei P9のソフトウェアアップデートが配信されました。その内容をお送りします。

アップデート内容は内部ストレージの快適化とセキュリティの向上させるものである。
バージョンはEVA-L09C635B382にあがる。

ファーウェイ、「P9」「Mate S」のソフトウェア更新を実施 from ITMEDIA

 ファーウェイ・ジャパンは、SIMロックフリースマートフォン「HUAWEI P9」「HUAWEI Mate S」のソフトウェアアップデートを5月16日以降に順次開始する。
HUAWEI P9ではより良い性能と安定性のため内部ストレージを最適化し、Googleセキュリティパッチを統合してシステムのセキュリティを向上させる。ファイルサイズは約610MBで、ソフトウェアバージョンは「EVA-L09C635B382」となる。

 

配信は5/16より徐々に行い1ヶ月程度に全端末に提供されるとのことである。
筆者の場合は5/23に届き1週間程度かかった。
なお、Android7.0アップデートの時にみたいにHicareアプリから更新すると優先的に配信が来る訳ではない。
気長に配信を待ちましょう。

スポンサーリンク

広告

アップデートをやってみる

配信前のバージョンはこちらでした。
EVA-L09C635B361はAndroid7.0が配信された時のビルド番号ですね。

新しいバージョンが出たと通知が出ています

ダウンロードは600MBほどあるので、wifi環境でやります。

インストール開始です。

インストール自体は10分もかからないものでした。
アップデート中はカッコイイ画面ですね!

完了です。バージョンがEVA-L09C635B382となりました。

アップデート後の使い心地はどうかと言いますと・・・
ほとんど変化はありませんでした。折角のセキュリティ強化となりますのでやっておけばよいと思います。

とはいえでも何かしら変化点を見つけなければならないという事で色々試したところ、
非公式な使い方であるau iPhone 音声SIMの長いIDのAPN(LTE NET)からテザリング機能をONにすると接続ができないことを確認しました。何かしら対策が入ったのかな?(単体での接続は通信できました)
無難にauから使うときはLTE NET for Dataからいきましょう。

0sim挿して使ってるけど、早朝以外は遅いわぁ~。他のドコモ系MVNO SIM買おうかしら

<シェア>急ぎのコメントはツイートすると早く回答できます。
スポンサーリンク

広告