先日、ADSL回線を契約し、まだ工事待ちの状態でありますが、
先行投資として無線LANルーターを新しく購入しました。

インフラ開通前にネットワーク環境だけでも早く整えておこうと思ったためです。

プラネックス MZK-WG300NX

・11n 最高300MBps 無線対応/優先も1Gbpsベース規格 と速い
・HDDとUSB接続してファイルサーバー対応可能
・節電機能対応
・イタリアが手がけた曲線のある珍しいデザイン
・docomo/イーモバUSBモデム端末に対応なんと最近Xiモデムにも対応したらしいです
・5000円台で購入可能

と、非常に魅力のある無線ルータです。
現在、HW-01C(黒玉子)を使用していて、無線電波が弱い・ブリッジ接続非対応・多端末接続時レスポンス悪いが私として不満だったが、
こいつがすべて私の不満を解消してくれるのです!
早く帰宅して接続したい期待をwktkしながら店を出たのであった。

しかし、こいつは非常にクセモノなルーターであった・・・・

プラネックスクオリティというのか、とにかく素人はこの機種を買うなら、他社の同タイプを買うほうがオススメです。

 

クセモノの説明はまえに、外観を覗いてみましょう。

こんな感じに立てて使うのがメーカー推奨の使い方との事。
曲線と角の使い方が美しくまとめられています。

しかし残念なのは、質感。
真っ黒のプラスチックのおかげで、安っぽいし、ホコリは目立つは微妙です。

また、本体も熱くもなく、横に放熱穴が多数あるので夏場の利用も大丈夫でしょう。(多分

 

USB延長ケーブル(本体付属)を使い、モバイルモデム端末と接続、接続先設定をすれば
モデム回線でインターネット接続ができます!

私の場合、docomo L-05Aに接続して使っています。
(昨年、ACER AS1410(ノーパソ)5万引きするために契約した、モデム端末L-05Aが初めて役立ちました)

回線速度は、HW-01C(黒玉子)と比べ若干速度は劣りますが、突然の再接続はなく安定して使えます。
(HW-01C=平均1.6Mbps→L-05A=平均1.1Mbps)
多分、速度が劣る原因はルーターではなく、モデムの性能だと思います・・・

とりあえず固定回線開通までは、この構成でいこうと思います!

 

 

で、問題となったのは

こいつの初期設定が非常に大変だったこと

なんたって「説明書どおりにやって動作しないのです」

説明書どおりに何回やっても
・無線LANが認識しない、途中で落ちる
・モデムに繋がらない(L-05A)

エアーマンが倒せない

エアーマンが倒せない状態になってしまい

と半ば諦めていました・・・

 

そういえば、impressでこの記事を思い出しました・・・

プラネックス、Wi-Fiルーター「MZK-WG300NX」でXiが利用可能に @impress

>プラネックスコミュニケーションズは、Wi-Fiルーター「MZK-WG300NX」でNTTドコモのLTEサービス「Xi」が利用できるようになるファームウェアを公開した。

そうだ、ファームウェアバージョンアップをやってなかった、ダメもとでやってみよう!

あと、ファームウェア更新説明書を見たら、必ず有線接続でやってくれと書いてあったので、

ノートPCにLAN接続して、ファームウェア更新を行い、初期設定をしたら何事もなかったかのようにすんなり設定できました。

 

もし、このルーターで使えない方がみえたらこうしましょう。

・ファームウェアバージョンアップをしてみましょう

・設定は、有線接続でやってみましょう

 

最後は繋ぐことができるようになりましたが、
説明書通りにやって繋がらないのは、かなりやばいんちゃうの~

<シェア>急ぎのコメントはツイートすると早く回答できます。
スポンサーリンク

広告