2011年7月21日にAppInventorのバージョンアップが行われました。

App Inventor was updated on July 21st (一部抜粋)

Features:

What’s New?

  • Added WebViewer component (Issue #61)

  • Added Text function: “is text empty?”.

  • Renamed the Yaw property of OrientationSensor to Azimuth, in accordance with changes to Android.

  • Added Advanced section to blocks editor, allowing getting/setting of properties and calling functions on a component block or a variable that represents a component.

  • Added support for Z-layering of sprites (Issue #47). Sprites with higher Z values are drawn in front of ones with lower Z values.

  • Added “Reset connections” to the Connect to Device menu in blocks editor, does an adb restart

  • Improvements to the Web component (Issue #1584):

    • Support for setting request headers.

    • Support for allowing cookies (on Gingerbread or later).

    • Improved the HtmlTextDecode method by decoding more HTML entities.

    • Added BuildPostData method.

WebViewerとHideKeyBoardという機能が気になりましたので、備忘録をかねて記します。

0・まずこんなアプリを作成してみました。

URLを入力すると、下の画面にページを表示してくれるアプリを作成してみました。

サンプルアプリのダウンロードはこちらです

 

1・WebViewer

AppInventorのスクリーン上に、webページを表示する機能です。
今までは、ActivityStarterからWebブラウザを起動させてましたが、今のスクリーンのまま使えるので活用できるかと思います。

コンポーネントの場所は、パレットのNot Ready for Prime time項目からWebViewerを選択してください。

PropertieのHomeURLにURLを入力すると、アプリ起動時からそのURLを表示してくれます。

使い方は、call WebViewer.GoToUrlに開く先の、URLを入れればそのページを開いてくれます。
今回は、ボタン1を押したときにTextBoxの文字列のURLを開くように設定しますた。

でました。

2・HideKeyBoard

これは今まで、AppInventorのバグだったのかもしれませんが、TextBoxに文字を入力したあとにキーボードが消えない事象が起きていました。
このHideKeyBoardは強制的に、キーボードを隠す機能です。便利だと思うのでこれも紹介します。

設定しない場合、TextBoxにURLを入力して決定ボタンを押すと、キーボードが画面に残り非常に邪魔!!

それで、HideKeyBoardをボタン1を押した時に設定するように変更しました。
HideKeyBoardは、MyBlocksのTextBox内にありますのでそこから引っ張ってみてください。

あと、キー入力完了=TextBoxのフォーカスを離れたとき という事で、TextBox.LostFocus時にやればいいじゃないかと考えもありますが、その場合はなぜか反映できませんでした。無難に次の動作の時(ボタンを押したときに)にやるのがいいと思いますね。

やった〜!!消えた〜!!

関連ページ:Google App Inventorを使いこなす

<シェア>急ぎのコメントはツイートすると早く回答できます。
スポンサーリンク

広告