先日、アプリデベロッパ・デザイナが岐阜に集まり「もくもく製作する」合宿こと

Ogaki Developer Day 2011 fall (ODD2011f)

0dd2011f_original

が行われました。

私自身2回目の参加となり、
前回の合宿で「ドロンくん」といわれるAndroidデバイス上で操作できるラジコンカーがすご~く気になりましたのでドロンくんワークショップに参加してきました。

1・ドロンくんとは?(OSPN Pressさんより引用)

ドロンくんはAndroid携帯を搭載して動作する音声認識ロボットです。誰でも簡
単に、しかも安価に手作りできるホビー用、教育用のロボットなのです。

ロボットといえば、多種多様なセンサを備え、高度なCPUを搭載した高価で複雑
な機械を想像するかもしれません。しかしドロンくんは、Android携帯を搭載する
ことで本来ロボットが備えている、センサや計算能力をこのスマートフォンに肩
代わりさせているのです。ですから、Android携帯などのスマートフォンを持って
いる人なら誰でも安価にロボットを作れてしまうのです。

2・ドロンくん製作工程

こんな感じでした、ハンダ付けとか中学ぶりで、もうね素人丸出しの内容でしたwwwサーセン

ギアボックス作成・基盤実装・ハンダ付けもやったり結構本格的なものです!

ハンダと激しく格闘してなんとか完成です・・・

そして、ハンダ付けして気づいたのは、ステレオミニプラグカバーをつけ忘れた!!(もうそのままにしました)

3・操作アプリ作成

ドロンくんアプリは標準でもありますが、今回AppInventorを使い新たに作成してみました。

ドロンくん操作の仕組みは、DTMFと言われる電話のプッシュ音を認識して動くため、指定されたDTMF音を鳴らすアプリを作成すれば出来てしまうのです。

DTMF音はwikipediaのDTMF項目のから拾ってこれます。

アプリ名:delon(そのままですね)

ダウンロード先:http://www.rairaiken.org/andro/delon.apk

ソースファイル:http://www.rairaiken.org/andro/delon.zip(AppInventorのImportをしたら取り込めます)

ボタン説明:上ボタン・3が鳴る 左ボタン:1が鳴る 右ボタン:2が鳴る 停止ボタン:4が鳴る とシンプルなものです。
ADS機能という(勝手に命名)3秒後に自動的に直進をやめる機能を選択できます。
↑暴走防止のためにつくってみました

製作時間:1時間

4・実際に走らせてみようっ

こんな感じに、延長イヤホンケーブルを使ってドロンくんとGalaxy Sをつなぎました。

 

 

youtubeにて投稿しました。

いやぁ、無事動きました!

自分でハードを組み立て、ソフトも自作して動いた時の感動は本当にすばらしかったです!!

<シェア>急ぎのコメントはツイートすると早く回答できます。
スポンサーリンク

広告