先日、ドコモオンラインショップにてWindows7ケータイが機種変更15000円で在庫処分セールが行われました。(現在は終了しています)

Windows7・Office2007(2年限定)が1万5千円で買えてしまうのは結構お得な内容であり、機種変更出来るFOMA回線をお持ちのガジェット好きの方は購入されましたよね?。

しかし、初回起動のためのインストールに1時間待ち。起動できても性能はダウンクロックされたAtom CPU・モサモサのSSD速度・1GBという少ないメモリでかろうじてWindows7が動く性能であり、

「あまりの使いにくさに化粧箱にそっと戻した方も多いと思います。」

今回は、せっかくのWindows7搭載の変態端末を化粧箱に戻さないよう
F-07CでAndroid端末のRoot奪取・ROM焼きまで行う現役F-07Cユーザー k_tuned氏がオヌヌメな使い方を紹介します。それではどうぞ。

1・定番の改造はとりあえずやっておけ

Windows7 ケータイ F-07Cを買ったらやっておくべきこと

弊社のエントリーを参照ください。
純正の状態では、CPUが600Mhzにクロックダウン・外部メモリも時間が経つと強制終了と恐ろしいぐらい基本性能をころして省エネに注力しています。これでは遅すぎるので解除しちゃいましょう。
あとは、電池容量が最近のスマートフォンより少ないです。スマホより少ない容量でWindows7を動かしますからすぐに電池切れを起こします。なのでモバイルバッテリーは準備しておきましょう。

2・おすすめの使い方は「リモート端末の子機として使うのが最高!」

上述した定番の改造を行っても、所詮Atomと1GBメモリの端末

・ニコニコ動画はカクカク動画で再生できればラッキー
・アプリのインストール・起動は笑えるぐらいに遅い
・起動し終わって、しばらくしたら「もう電池残量小表示」(本体バッテリーのみだと)

ぶっちゃけ初代EeePCより遅い性能であり、実用性は皆無に近いです。
それでも起動できた達成感を毎回味わえてしまうので、ついつい使ってしまうのですねF-07Cをw

また、操作性向上のため無理矢理Windows8をインストールする手もありますが、
インストールするのに敷居が高いですし、インストールしても解像度の関係でマーケットが起動できない事象も報告されています。

なので、まともに酷使しようとせず、少ない負荷で最大限の性能で使えるよう

「リモートデスクトップ端末の子機としての使い方」を激しく推奨します。

リモートデスクトップとは、親機PCを遠隔操作することです。
この場合だと、何かしらのPCを親機と設定し、F-07Cで遠隔操作することです。

親機のPCと通信環境(wifi/モバイルネットワーク)があれば出来てしまいます。

今回は、難しい初期設定もいらず簡単に利用可能なフリーのアプリ「Splashtop 2」を紹介します。

※モバイル通信接続経由だと月100円ぐらいかかる

<使い方>

1:親機のPCにSplashtop Streamerをインストールする
http://www.splashtop.com/ja/streamer/downloadstart?platform=Mac

2:F-07CにSplashtop2 for Windowsをインストールする
http://www.splashtop.com/ja/streamer/downloadstart?platform=windows-client
★インストールに時間がかかりますが、根気よく待ちましょう。

3:親機のPCとF-07Cをインターネットにつなげる環境にする
★まずはWifi環境下で試してみるのが良いでしょう

4:Splash Topの会員登録を行う
メールアドレス・ログインパスワードの設定を行ってください

5:親機・F-07C側の各インストールしたアプリに登録したメールアドレス・ログインパスワードを入力

6:F-07C側のSplashtopを起動し、ログインして親機のパソコンを選択する

7:そしたら、F-07Cで親機のPCを操作できます

 

<こんな感じになります>

Windows8端末を親機にすれば、F-07CがWindows8に!?

親機の解像度を縮小させて表示しますので、マーケットもきちんと起動する

F-07CでもFlash動画が再生可能に!!
(フレームレートは少ないですが、見れないってほどではない)

<リモートデスクトップの魅力>

・親機の性能に依存するため「動画を開いても」「ガンガンアプリを立ち上げても」遅くならない落ちない!!
・Wifi速度下ではストレスを感じさせないレスポンス(モバイルネットワーク環境 ではLTE速度になると特に違和感感じなかったです)
・親機のPCをそのまま覗くことができるのでデータ管理も楽です。

とにかく素のF-07Cと比べて、バリバリに動くことに感動を覚えます
デメリットをあげればWifi環境と親機PCの電源を入れていなければならない位ですから

ぜひ皆様もリモートデスクトップの子機のしての利用方法をF-07Cでご活用あれ〜

 

<シェア>急ぎのコメントはツイートすると早く回答できます。
スポンサーリンク

広告