大画面・HDMI対応のPC用モニターが欲しくなってきました。
ということで32型ソニー液晶テレビ ブラビアを39000円でブラビIYHしちゃいました。

SONY BRAVIA CX400シリーズとは
http://www.sony.jp/bravia/lineup/cx400-series.html

CX400シリーズ 新高画質回路「X-Reality(エックスリアリティ)」と「人感センサー」搭載。ネット動画も手軽に楽しめる、コンパクトなスタンダードモデル

今、エントリー向けテレビ市場の中で一番注目をあびているモデルです。

なんでこんな人気があるかと言われると

・32インチなのにフルHD画質(1900*1080)←同価格帯モデルは1366*768の低解像度
・外部HDDをつないで録画もできちゃう←同価格帯モデルはついていない
・インターネットに対応しており、twitt/youtubeがみれる←同価格帯モデルはついていない
・出力端子が多い(HDMI*4/Dsubがついている)←同価格帯モデルはHDMIは2つついてるぐらい

の機能がついて、なんと実売4万円台で購入できてしまうのです!!(普通7万円台モデルに付いてくる仕様)

何故他メーカーは同じようなものを出してこないのか気になるところ

 

さらに今購入すれば、
別売オプションとなる、無線LANアダプターがもれなくもらえるキャンペーン(無くなるまで行うとの事)がやっています。

USB無線LANアダプタープレゼントキャンペーン
http://www.sony.jp/bravia/UWA-BR100/campaign/index.html

無料でプレゼント 〈ブラビア〉をインターネットに無線で接続* USB無線LANアダプターが無料でもらえる! USB無線LANアダプタープレゼントキャンペーン *無線でインターネット接続するためには、インターネット環境と市販の無線LANルーターが別途必要です。無くなり次第終了 キャンペーン応募期間:2011年6月1日(水)~7月31日(日)

私のようにモバイルルーターがインターネット環境のユーザーにとって、ブラビアでインターネットするには無線LANアダプターは必須アイテム。
実売6~7000円するらしいので、これは必ずGETしたいキャンペーンですね。

ということで、今すぐ手に入れたく家電店を回ってみました。
ヤマダ電機が39800円のセールをやっていたものの大人気となり、なんと入荷は2ヶ月も先!!
これでは無線LANアダプターが手に入らなくなるっ!て事で、コジマで45000円だったものを価格交渉し、最終的にヤマダ電機より安い39000円でGETできました。

 

★変更前

Dellの24インチ液晶とSAMSUNGの21インチ液晶のデゥアルディスプレイ構成でした。
横解像度は、1920+1200=3120Pxです。

★変更後

ブラビアが机におさまらないほど大きすぎるwwww(置くのに苦労しました)

横解像度はなんと1920+1920=3840Pxです。デスクトップに気持ち悪いほどにアイコンを埋めれますww

けいおん!が大画面で見れて、DA・I・KO・U・FU・N!!!

まずブラビアを見て感じたことは、
画面がキレイです。流石テレビ用モニターなのでGOODです。
(詳しい方はVAパネルだから視野角に問題ありと指摘される方もいますが、自分は特に気になりませんでした。)
レスポンスも昔のブラビアと比較すると格段に良くなってます。

XBOXも問題なくできました~。32インチあれば迫力も十分です!

良い買い物でした!

 

さいごに、
今回はじめて自作PCをHDMI接続してみましたが、思わぬところでつまずきました。

つないだ時に音声が鳴らないトラブルに見舞われました。
原因を確認したところ、音声を流すにはマザーボードとグラフィックボードとの間に、音声情報を繋ぐS/P DIFケーブルが必要でした。
PCIExpressで音声情報も繋がっていると思ったら大間違いでしたね。
マザーボード・グラフィックボードによってはS/P DIFケーブルの端子がないモデルもあるみたいなので注意が必要です。
DOS/Vパーツを揃えている隣街の家電店まで直行してケーブルを調達しました。

<シェア>急ぎのコメントはツイートすると早く回答できます。
スポンサーリンク

広告