PhotoVisionTVはAndroidタブレットになることを発見してから数日。

PhotoVisionTV 202HW の内部にせまる。実は高性能なAndroidタブレットだった!

Hackをしていき気づいたこと注意すべきことをまとめたいと思います。

<きづいたこと>

1・SoCはdTabと同じK3V2 1.2Ghz、しかしDualCoreに劣化している

ベンチマークソフト・build.propを確認したところ、SocはK3V2を搭載し・ベースの端末はHuawei MediaPad10であることを確認した。
なお、搭載メモリは357MBと推定できる。

フォトパネルとテレビしか使えないのに、高性能なSocを搭載したのは驚きだ。
本当にもったいないと思う。

 

2・ ADB接続とroot化は簡単にできる

MediaPad10のADBドライバを接続したらすんなりとUSBを認識した。
そのままADB shell→suといれたらRoot権限に入り、rootするためのロックはかかっていない模様。

Hackしていけば、SIMカードなしでTV視聴ができるようになるのか期待したい。

ただし後述の件には注意したい。

 

3・リカバリーモード起動するとファームウェアバージョンアップ画面が

ADB reboot recoveryするとファームウェアバージョンアップ画面がでてエラーとなります。
rootとれるのでCWM入れてごにょごにょしたくなりますね。

 

<注意したいこと>

1・ファームウェア・製造月によってはHackできない場合がある

twitterでの報告になるが、ファームウェア更新済・製造月によってはADBが塞がれているようである。
Hackしたい人ならば、うっとうしいファームウェアアップデートを適用しないようにしよう。

なお、ファームウェア適用済ですと大容量USBとして認識し、Hackできないでござる。

2・使えないアプリがある

完全なAndroid端末ではないため使用できないAndroidアプリがある。
Homeメニュー系アプリは全滅だった。
使える・使えないは楽しみということで!!

弊社では今後もPhotoVisionTVのHackを行っていく。気づいたことは追加していきたい。

スポンサーリンク