AppinventorにTwitterの機能があり、AOuth認証を使いTLの取得や投稿が可能です。
今日は、簡単な使い方をまとめましたので記します、

1・事前設定

TwiiterMENU→設定→コネクション→開発者から
アプリケーションの登録を行い、Consumer key/Consumer Secret値を取得します。
※アプリの種類はブラウザアプリ・アクセスタイプは読み書きを選ぶ。TWLOG取得とコールバックURLは未記入でOK
※旧メニューで作成を行うと上手く作成されない場合がある。最悪新規アカウントを取得して作成するのがよいかも

ss

2・AppInventorに反映 (パレット側)

SocialパレットからTwitterを引っ張ってきます。

ge4

引っ張ってきたTwitterのプロパティに先ほどの値を貼り付けます。

3・APPInventor Blocksのほうに反映

iii3

ボタンを押すと投稿するように組んでみました
①ボタンを押したとき
②Twitterの認証を行う(authorize)
③表示する引数の内容設定(任意)
④表示された引数の内容を投稿する(SetStatus)

くわしい設定(ほかの使い方は)はこちらを見たほうがよいとおもいます。

twdd

これで完成です!簡単ですね。

あと、AppInventor燃費アプリにTwitter機能を実装しました。
上図のように燃費がTwitterに投稿されます!

sendtw

Send Twitterボタンを押してください!!そうしたら反映されます。

アプリのダウンロードは下記エントリーからダウンロードしてください。

Androidアプリ 燃費計測ツールを作ってみた(改良)

////////////////////////////

Google App Inventorを使いこなす

<シェア>急ぎのコメントはツイートすると早く回答できます。
スポンサーリンク

広告