三菱 アイ ワークスおざき ハイオク エンジンECU 2022 改良版 レビュー

三菱アイ HA1W
今日は三菱アイのカスタマイズ界隈で注目となっているワークスおざきさんのハイオクECUについてレビューします。
ワークスおざきさんは高知にあるエボやインプのチューンドECUの施工をやっているお店でありまして、1年ほど前より三菱アイのECUの取り扱いが始まりました。出始めの頃に一度カスタマイズをお願いしましたが、今回この1年間の間に様々な改良をされたということで最新版に書き換えていただけることになりました。

ハイオク仕様のエンジンECUにすることでパワー増強だけではなく経済的なドライブに

ハイオクECUといえば、基本的にパワーアップをするメニューと思うもののワークスおざきさんのチューニングは異なります。踏んだときはもちろんパワフルに加速をしてくれるものの、経済的なふんわり走行をしたときには最小限の燃料噴射で効率的な燃焼を行い、少ないアクセル踏み量で走ってくれます。
目指すのはレギュラーからハイオクの燃料差額は燃費でカバーして、結果レギュラーと変わらない経済性と楽しい走り心地を体感できる今の時代らしいカスタマイズです。
昨今燃料価格が上がっていく今、燃料が上がれば上がるほど、この方法のほうが元が取れやすくなりますからね。
走りは初期リリース版でも、低回転の走りやすさや高回転が回り超高速域でもしっかり楽しめるバージョンだったものが更にどのように進化しているか楽しみです。 ※アイのエンジンといえば高回転が回らない感じですが、ECUチューンをすることでスクエアストロークの特性が発揮され最近の軽自動車にしては回るようになります。

エンジンECU交換手順

ワークスおざきさん側にECUの在庫があれば、書き込まれたECUが宅急便で届き交換を行い、古いECUユニットを後日返送をするスタイルです。
ECUユニット送って帰ってくるまでの車の使えない期間がなく良心的な対応です。
(原則はECU送付対応ですが、運の良いときはこの方法が使えます) リアシートを外して、左側の金属を外すとAT-ECUとエンジンECUが出てきます。 10mmで外してゆけばECU本体を外すことが可能です。
手前側がAT-ECU、奥にあるのがエンジンECUです。 交換後はワークスおざきさんの手順に従ったエンジンのかけ方をすれば交換完了です。

2022最新版ハイオクECUの感想はいかに!?

筆者のアイの環境として、スポーツターボ仕様のATECUと最新版エンジンECUの状態でレビューを行います。
初版のレビューはこちらを参照ください。
初版のざっくりの感想としては、80km/h以上の加速が劇的に変化した。AT-ECUチューンによりAT変速のぎこちなさが解消された。低速時も軽やかに走り、ATとの相性が良くなったというところでした。
さて、最新版はどのように変化をしたのでしょうか?

さらにパワフルに!高回転が回るエンジンに

踏んだときのパワーが初版よりも明らかに強化しています。
回らないと言われていた5000rpm以上の回転もしっかり回ります。ノーマルECUから変更すると、この変化はものすごく面白いです。
純正ECUでは高回転および高速域で途中でパワーが落ちる部分もなく、しっかり上限までパワーが低下することなく回ってくれます。この一年のチューニングによりアイのチューニング上限が明らかになり、さらに踏み込んだ設定に進化できたのだと思います。

軽い踏みでしっかりと加速してくれる経済的な低回転域

2022最新版の最大の変化点はここでした。
走り出しは明らかに今までのアクセル踏み込み量に対して軽快に加速してくれます。
効率的な燃料噴射設定によりしっかりエンジンを回せているのではないでしょうか。
ちょっとのアクセルワークで走るため、長距離運転も楽になりますな。
そして、燃費チャレンジがどうなるか楽しみです。現在はスタッドレスであるため夏タイヤに戻してから遠距離走行でどこまで伸びるか期待したいです。
また、AT-ECUは改良版にしていないものの通常走行時の変速時のギコちなさが解消されていました。
オーバーパワーだったのか何かわかりませんが、効率的なパワーでギアに力が伝わるようになったのでしょうか??

ご注文はヤフオクもしくはワークスおざきさんのサイトより

対象はターボ仕様のアイです。また注文は2つの方法で対応可能です。
ワークスおざきさんの専用ページもしくはヤフーオークションのページより注文が可能です。
価格帯は以下のとおりとなるものの、買うならスポーツターボ仕様のエンジン・ATECU両方交換板を注文すべしです。
4人乗りの普通のPUIPUIアイがここまで進化するぞという良さを体感できます。
また、安価に購入したいのであれば、ヤフオクにてモニターキャンペーンという名目で安く購入することもできますのでヤフオクをチェックしてみましょう。
スポーツターボ仕様(ハイオク、エンジン+AT)  107,800円​
ストリートターボ仕様(ハイオク、エンジン+AT) 88,000円
エコパワーターボ仕様(ハイオク、エンジン+AT) 77,000円
ライトターボ仕様(レギュラー、エンジンのみ)  55,000円
ストリートNA仕様(ハイオク、エンジンのみ) 49,500円
ライトNA仕様(レギュラー、エンジンのみ) 44,000円

また、すでにご購入済みの方も最新版書き換えに対応できるとのことですので、ワークスおざきさんに聞いてみましょう。(有償での対応) さいごに、高知まで出向けば現車合わせのサービスも行っているとのことです。
アイはAT個体がバラバラで特性が結構異なるとのことです。ATECUを現車合わせすれば、更にパフォーマンスが上がるので、機会があれば一度やってみたいと思います。
また、アイターボだけではなくNA版のECUも現在作成中とのことです。
ミッドシップ・4ドア・軽自動車の珍車である三菱アイが再び熱くなっています。
数十万で買える安いアイを購入して、ワークスおざきさんのECU交換で楽しく経済的に走る車として維持するのはいかがでしょうか?
そして、アイ好家仲間募集しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました