あれっ?純正と違うメニューですね。
Cyanogen Mod(CM7)を導入して2.3化しちゃいました。

あなたのOptimus Chatは活用できてますか?

ドコモの値引き施策により定価7千円いや店舗によっては機種変更一括無料で手に入れることができ、持っているガジェッターの方も多い端末です。
しかし、元々エントリー向け端末の位置づけということで、Android 2.2・非WVGA液晶・非力な600MhzCPUのロースペックのお陰で、非常用の端末・テザリング端末・タンスの肥やしと化している人も多いと思います

今回、twitterにてK-MAXのLeg-endさん(@0123)がOptimus ChatにカスタムROMを入れるとかなり快適になると聞きましたので
カスタムROMで有名な Cyanogen Mod (CM7)をインストールし、Android 2.3化して、サクサクレスポンスにしてみました。

※カスタムROMをインストールする・Root化行為となりますので一切の保証がききません、自己責任にてお願いします。

それではどうぞ!

1・こんな感じに進化する

Androidバージョンが2.3.7になってます。(2.3シリーズでは最新のRevでしょうか)

もちろんRoot済なので、SetCPUでオーバークロック可能です。
Android 2.3・オーバークロックの効果があって、動きが純正と大違いなほどサクサクに!?
シングルコアのSnapDragon搭載端末ぐらいに動きが良くなってます

ベンチマーク「Quadrant」は1262点をマーク!!

週アスのL-04Cレビューページを見たら出ていますが、純正バージョンでは458点と、3倍の点数アップです!!
もちろん数値だけではなく体感的にもスペックアップしていることがわかります。

1つ欠点を言えば副作用として電池の持ちが悪くなります。このあたりは待受時に自動CPUクロックダウン制御アプリを入れれば、ある程度防ぐ事ができると思います。

2・インストールの方法

「俺様のブログさん」のページが参考になります。

(1)Root化する
こちらのエントリーがわかりやすいです。
SuperOneClickとL-04CのドライバーをインストールしてRoot化します。
SuperOneClickが上手くいかないときは古いバージョンのものを使用すると可能な場合があります。

(2)カスタムROMを導入する
こちらのエントリーがわかりやすいです。
リカバリーツールをインストールして、カスタムロムをSDカードにコピーして、リカバリーツールからカスタムロムをインストールするような流れです。

コマンドをガリガリ打つ必要もなく、簡単にできると思います。
しかし、文鎮と紙一重の状態なのでバックアップをとった状態で行いましょう。(1度文鎮になったorz)

それではあなたもカスタムロムをインストールして、充実したOptimus Chatライフをエンジョイしちゃってください。

スポンサーリンク