この夏最強のカメラスマホことHuaweiのP20 proを買ってきました。
なんとカメラが3つもついたスマホです。

施策が出ていることで中古価格もお手頃になってきたので購入

最初販売時は中華スマホにかかわらず白ロムは10万円近くとめちゃくちゃ高い価格でした。
キャリアの本体価格も10万円ほどとハイエンド級の価格となるので仕方ないですね。
しかし、ここ最近実質負担額ゼロという差額分を値引きしてバラまいている携帯屋も出てきたことより、中古が6ー7万円程度でネット上で出回るようになりました。

ドコモを契約していない方は、ネット中古で買うと安く仕入れできますね。

スペックはこんな感じ

カメラだけがウリだけではなく基本スペックもハイエンドクラスです。
6GBメモリにkirin970、ストレージは128GB
kirin970と聞きなれないSocですが、Huawei独自のSoCであり3D性能以外はハイエンドのSnaopdragon845と並べられるぐらいのスペックです。

なので分割購入の2年間バッチリ使える機能を持っています。

詳細のレビューはこちらが参考になります。
HUAWEI P20 ProのスペックとP20の違い、発売日、価格まとめ! from ガルマックス

3眼レンズもそうですが、スマホ最大級の1/1.7型イメージセンサーでしゅごい撮影が可能

モノクロカメラ、等倍のカラーカメラ、3倍ズームのカラーレンズの3つを搭載している。
カラーレンズの内容をモノクロレンズで補い、綺麗な写真が撮れるという感じである。

そして、もう一つ特筆すべきはセンサーサイズが大きい点です。
センサーサイズが大きくなる=記録できる部分が大きくなり画質が綺麗となります。その反面価格は高騰しますが…

普通のスマホは1/2.3インチのセンサーを利用しているのですが、このP20 Proは1/1.7インチのセンサーを搭載しています。
なんとiPhone XSよりも大きなセンサーサイズを搭載しているのです。

画質自体は、夜にかなり強く。かなり味付けされた色合い。

夜の撮影感度・撮影のしやすさは下手な一眼よりも好感度かつブレをすくなく撮影してくれます。

これだけゴリゴリに味付けされているとなると特に画像補正が不必要なぐらいに出来ています。

飯を撮影するのに、今のスマホの中でピカイチな撮影能力なのは間違いない

湯気までも再現!

あぁ、おいしそう

ポートレートもしっかり撮影可能です。

白黒カメラとカラー等倍レンズとの擬似ぼかし撮影となるため、
ズームした状態で撮影するなどiPhoneとは違い、撮影画角はそのままでいけるので撮影は楽です。

また、味付けなしの画像はraw画質で見ることが可能であり、まるですっぴんの尾根遺産のような出来ですw
基本はオート撮影でいいかな?


プロモードも存在し、メニューも高級カメラのようなしっかりしたカメラUI

撮影も簡単であり、流行りの画像認識をして最適な設定にしてくれるAI機能搭載です。

この2018最強スマホカメラというのは間違いなしです。インスタ映え推奨端末ですね。

デザインは実用的かつお洒落なデザイン

トレンドである有機ELディスプレイ・ノッチは抑えています。
そして、iPhoneX民にとって歓喜な指紋認証も搭載しています。
しかも本体下部で触りやすいポイントなのも良い点です。

見た目は、
SAMSUNGのGalaxy S7とiPhoneXを重ねたように感じます。

指紋認証を下部に搭載しているのは超便利です!
やはり、顔認証と指紋認証の両方ついているのはありがたい。

ホームボタンキーの感じ、薄青い色はまるでSAMSUNG
サイドの光沢具合とカメラの位置はiPhoneXですよねー。

悪い意味ではパクリ、良い意味では他社モデルの良い部分をおいしく引っ張り出しています。

人気のノッチはもちろんあります。
IPhoneXよりもノッチ凹み面積は少なめです。

サイズはNote8より少し小振りです。
が、サイズは大きいなので気になる人は気になりますね。

ドコモ版だからの特権としてau volteが使える

au民の悩みとしてau volte対応端末が少なく好き端末が使える自由が少ないのです。
Auから発売されている端末以外でau volteに対応したSIMフリーハイエンド端末は、
Iphone、Zenfone5Z、とこのドコモ版P20 proぐらいと思います。

実はこれが購入の1番の決め手であったと思います
(ただし、購入後の翌月にメイン端末をSoftBankに乗り換え・・・ぁ)

国際仕様のP20 proはau Volteに非対応なので、
ドコモ版のP20 proは素晴らしいです!

通話はもちろん、データ通信も行うことが可能でした。

※接続設定は自己責任で

副作用として通話アプリなどがドコモ謹製でクソすぎる

ドコモ版P20 proの最大の弱点はコレ。
ドコモ謹製アプリが多すぎる。
削除したり通知を消したりすることは可能なのですが、
通話はドコモ謹製アプリしか存在しない。

このデザインはひどすぎる・・・なんてらくらくホンなデザイン

このデザインのお陰でデータ端末専用機に成り下がりましたw

HUAWEI端末UIのEMUIの世界観崩壊ですwww

まとめとして

ぼくと契約して、カメラの世界を堪能しましょう

<シェア>急ぎのコメントはツイートすると早く回答できます。
スポンサーリンク

広告