みなさまpaypay還元祭の成果はいかがでしょうか?
一部ではポイント返ってこなかった残念祭りも多いようですが(付与されなかった方はしばらく宮川大輔の顔を見たくないですねw)、筆者は無事に返ってきましたので家電量販店に寄り偶然にも見つけたairpodsを買ってきました。

世間ではうどん、チンアナゴと言われているこの子の使い心地をレポートします。

個性的な外見、いかにも失くしそう

ケースから開けるとこんな感じにイヤホンが出てきます。
プラスチックホワイトなカラーがApple製品らしいです


イヤホンの中身を外すとこうなります。
ってイヤホンの全長が長っ、こりゃうどんだわ。


短くて良いのに・・・、でもここが個性のポイントですね。

Apple製品とのペアリングが超楽!ガジェクラに最高


接続設定できておれば、フタを開けた時に近くのiOS端末で電池残量状況が表示される。(おお

bluetoothイヤホンの悩みといえば複数端末接続を行うと切り替えが非常に面倒な点。
毎回Bluetooth画面から切り替えて接続を選択すれば良いものの、切り替えが上手くいかず再度ペアリングから行う必要があったりと大変です。
端末ごとにイヤホンを購入する手もありますが持ち歩きが大変。

このAirpodsなら一度登録しておくと、Apple製品に近づいたときに自動に切り替えてくれます。
ストレスなく切り替えできるのはマジ便利です。

筆者の場合は、作業用にiPad、通話用にiPhone、散歩時にapplewatchで音楽を聴いているので重宝します。

W1チップセットが簡単な切り替えを実現しています。
また、イヤホンをはずすと再生停止・つけると再生開始する細かい気配りも便利です。

通話の音質がピカイチ

これには本当に驚きました。
普通のbluetoothイヤホンって通話するとマイクが相手に伝わらなく、イヤホンを耳から取り出して口元で話すことが多々ありました。
しかし、airpodsは耳に装着して普通に話すだけでしっかり伝わります。
よく居酒屋勧誘お兄さんが装着している理由がわかりました。

音量変更はsiriを使います。会話をして音量を下げるという近未来的なことも体感可能です。

イヤホンの音質は微妙

このご時世に珍しく開放型です。
車内で音量を上げると音漏れは必至です。
また、音的には5-6000円程度の音に感じます。メーカー標準イヤホンに毛が生えたらいいかなというレベルと言えます。

同じW1チップを搭載した密閉型イヤホンとしてBeatsXがあるものの、紐が中途半端な長さだったりと評判はイマイチな模様。

ですが、こんなに音質が微妙かつ18000円も高価なのにバカ売れする理由がわかった気がします。

まとめ:生活に溶け込んだ耳デンワと思うと買い

apple製品を切り替えた時に自動で切り替えてくれる利便さ、
開放型ということで外の環境音が聴こえるため、付けっ放しでも他人と話す時にコミュニケーションに違和感が発生しない。
通話をする時には、普通に話すだけでクリアに音を拾ってくれる。

生活に溶け込んだイヤホンというか耳デンワと思うとGoodなデバイスです。

対してイヤホン性能としてみると音は純正イヤホンに毛が生えたものです。
音質を気にされる人は高級イヤホン+プリアンプ+有線接続にでもして最高の環境で視聴しちゃいましょう。
いかにも使用用途を割り切った感じがApple製品らしいですw

気にしちゃう人は

Westoneとか
SONYのPHA-3とかいっちゃいましょう

それとairpodsを快適に使うためのTipsが書かれたページを見つけました。

★AirPodsを使いこなす3つのテクニック@日経Xtech

ダブルタップするとトラック変更や、着信時に電話番号を読んでくれるTipsが出ていますので既にお持ちの方は参考になるかと思います。

ちなみにAirPodsは発売から1年以上経過しているものの、未だに在庫の入手が難しいアイテムです。

Appleのオンラインでも1週間程度の待ち時間。
末端市場でも新品とほぼ同額で取引されている模様のため、特にPayPay対応店舗では殆ど在庫がないです。
偶然在庫を見つけた際には、是非とも買っておきたいアイテムです。

楽天ではプレミア化していますね・・・

<シェア>急ぎのコメントはツイートすると早く回答できます。
スポンサーリンク

広告