2012年ももう終わり。
今年もモバイル事情は色々激しかったですね。

私的に振り返ってみようと思います!!

現金配布にはじまり、次世代通信LTEが本格的にはじまった一年

とにかく前期はキャッシュバック戦略が激しかったですね。
筆者も今年の購入端末台数は、例年以上に多かったです。
auのMNPキャッシュバック商法に、Galaxy Nexusご愛顧ばらまき祭り、家族セット割による還元額倍増
そのおかげで色々なガジェット・端末に触れることができてうれしかったのですが、
副作用として「端末=現金」と感じてしまう、自分の趣味に対し現金が絡む、心の底で「これでいいのか?」と思う葛藤もありました

確かにいただけるのはありがたいですが、来年はピュアなモバイル生活をエンジョイしたいものです。

あとは、ドコモが先行して進めていた次世代通信LTEが他社も始まり、本格的な競争が始まりました。 
まだ全社とも十分なエリア展開とはいえず来年のエリア展開に期待したいものです。

あとは各社別の振り返りと来年への期待を記したいと思います。

 

ソフトバンク:LTEエリア展開結構いいじゃん。あとはごり押し加入を抑えるために代理店インセンティブ増強を

ソフトバンクは相変わらず某社長のおかげで好調ですね。
私的に危惧していた、LTEサービスのエリア展開が思ったよりもサービスエリアが広くなりよく頑張ったと思います。

あとは、加入者増加時のLTEネットワークの補強をしっかりしていただけるか期待したいのと、(今は空いてて回線が速くすばらしい)
相変わらずみまもりケータイやフォトフレームの契約時同時加入のごり押しが 相変わらずひどい点は何とかしてほしいです。
ぜひ、代理店インセンティブ増額をすべきではないでしょうか!!

iPhone5発売時の旧型iPhone4S処分の一括条件で、みまもり+フォト(分割)契約がほとんどでしたから何のための在庫処分と思いましたし・・

 

au:昨年の状況と違い好調なのと、auLTEが快適すぐる点がGOOD。あとは最近アフター面の質低下が目立つ

現金配布のauが最近は本当に調子いいですねぇ。あとは、auLTEのエリアが広く・実測が速い点が素晴らしいです。

気になる点は、周波数の関係によりau iPhone5のLTEエリアが狭い点(SoftBank比率)を相変わらずエリアマップを出さずに販売しているところ。
筆者自身、自宅LTE対応させるためにHTC J Butterflyに機種変更しましたが、J Butterflyで電波掴むのにiPhoneではLTE圏外なところが結構おおいのです。
iPhone5以外のau LTE端末の普及が広がり「あれ、iPhoneぜんぜんLTE掴まないじゃん」とクレームとなるまえに、エリアマップの公開してほしいですねぇ。
それとお客様センターの対応外れ率が最近ひどいです。悪評高かったソフトバンクのほうが 良いと思えるぐらい。(委託先かえたんですかね?)

いままでauが積極的に進めていた、顧客満足度CSの向上を思い出し、今一度現状を再認識してもらいたいです。

ドコモ:先行したLTEサービスの展開ぶりに疑問。今一度既存ユーザーのニーズを考えてもらいたい

他社よりも1年以上早く展開したLTEサービスXiの展開状況。
他社と比較するとかなり遅れているように感じます。
まず、我が家はSOFTBANK・au LTE 圏内なのにドコモだけ未だに圏外という点。ほんと、先行したアドバンテージを感じられません。
そしてエリアマップを見ても場所によっては他社のほうがエリア展開が進んでいるように感じます。

あとは、最近のドコモ離れはiPhoneが無いからと言っているがそれは違うと思います。
上の方は既存ユーザーのニーズを認識しているのでしょうか。

ドコモ音声通話ユーザーが多いと思います。個人的にはXi総合プランの大改悪で離れた方が多いと思います。
今一度音声通話ユーザーにも、魅力的なプラン・サービスを提供すべきではないでしょうか。

他社の真似をしてもだめなのです。

ウィルコム:ウィルコムプラザが増えてましたね

特にこれといった内容はないのですが、ウィルコムプラザがものすごく増えたように思います。
どのようにパイを削っていくか見ものです。

あとはイエデンワ2発売はよっ!ということで・・・

 

ことしもいろいろありましたね。来年のモバイル事情はどうなっていくのでしょうか?

<シェア>急ぎのコメントはツイートすると早く回答できます。
スポンサーリンク

広告