こんにちは、今回iPhoneXSを買うことをしませんでしたが、その代わりにiPad Proを購入しました。
ホームボタンが廃止され全面ディスプレイやUSB TypeC対応でできることが色々増えて、可能性の夢広がリングです。

購入してじわりじわりとiPad Proの世界を体感しようかなと思いましたが、


購入した次の日に大規模な骨折をしてしまったため、いきなり入院先で大活躍をしてくれることになりましたw

iPad Pro神の祟りでしょうか!?

こんな状態となってしまったため、機能を全面的にパワーアップさせる、アクセサリーを購入しましたのでレビューします。

スポンサーリンク

ApplePencil2 と SmartKeyBoard Folioだ!

この2つを紹介しよう。
iPad Proのサイズは11インチモデルで紹介する。

持ちやすくなったApple Pencil 2

これがないとiPad Proを持つ意味がない!
と言われているほど必須ツールです。

Apple Pencil


今回のペンはスリムとなり、裏ふたが存在しません。

先代モデルは裏ふたはライトニング端子となっており、ここからペアリング・充電を行なっていました。が、それがないので今回はどのようにペアリング・充電をしているのでしょうか?


上部に置くだけで充電できるようになったのです。
ペアリングも置くだけで接続設定に入り、確認を押すだけでペアリング完了してくれます。


置いた時にApple Pencilの表記がでて、(写真にはないですが)充電状況も出てきます。


初代の間抜けな姿はもうみることができませんね!
充電時は裏ふたとApplePencilを落としライトニング端子を損傷させてiPad pro全損芸になってしまうのかとヒヤヒヤ物でしたw


あとはサイズが短くなった点と、横に切り込みが入り持ちやすくなったのもポイントです。
書き心地ももちろん進化しておりますが、持ちやすさがよくなったのが個人的に1番良いポイントと思います。

デメリットはこれ
価格が14500円(税別)
Apple信仰税入っています・・・

まぁ売る時のリセールが高いからと思ってポチするしかないですね。
そして初代のApplePencilは使うことができないため、買い替えが必要です(((

全面を守ってくれるSmart Keyboard Folio


iPad Proに最適な純正キーボードです。
今回はおもて面も裏面もしっかり守ってくれます。


この質感の良さをごらんあれ!ピッタシのサイズでカバーしてくれます。

カバー前提の設計ではないかと思う今回のiPad Pro。
カメラの出っ張りを抑えてくれるので、これは必須アクセサリですね。


質感の高さが伺えます。
内側のケース面はふわふわ素材を採用です。


圧倒的存在感をごらんあれ!!

なお、iPadの傾き具合は奥に2つ溝があるので2段階となっています。

マグネットの接着力が結構効いていますのでなかなか外れません・・・


ザラザラ素材を採用し、慣れるとガツガツ打つことが可能です。

キーボタンが小さい、膨らみ型のボタンで最初は違和感を持ちますが、打つとすぐに慣れますー。
さすが良くできているキーボードです。

なおデメリットはコレ
価格が19800円(税別)という結構な金額です。

しかし今回は裏面も保護してくれるということで、
ちょっと安く感じてしまいますね。

また通常5千円程度で出ている、純正ペラペラカバーも裏面を保護できる機構になったため、価格が1万円程度となりました。

ペラペラカバーとの価格差がそれぐらいならキーボード付きのこいつを選んでも良いかもしれませんね。

性能が圧倒的に進化したiPad Pro 2018モデル
進化に合わせて価格も上昇しておりノパソと思って買う方が良いかもしれません。

あっ、ちなみにペンとキーボードを合わせると37000円ほどになりますので、iPad 6GENの32GBモデルがもうすぐ買えちゃいますねw

<シェア>急ぎのコメントはツイートすると早く回答できます。
スポンサーリンク

広告