時は2019年10月。
総務省の対策によって携帯電話販売に対するインセンティブが規制され「高市不況」がやってきました。

これまで乗り換え旨旨で安くスマホが手に入る時代は終わりました。
が、解約待ちのau寝かせ回線を多数お持ちであるユーザーさんがみえると思います。

総務省対策の中で、2年縛りの高額違約金の撤廃があり各社値段を千円前後に下げることになりました。

その中で、auは既に2年契約を契約されている方が新しい2年縛りに変更すると1000円に違約金を下げることが可能であることがわかりました。

今回はauを新2年契約に変更してみましたので紹介させていただきます。

※ワイモバイルとドコモは更新月以外に新2年縛りや新プランに変更しても旧2年縛りの違約金が継続されます。ソフトバンクは違約金が下がるみたいです。

概要として

・2019年10月以降に新料金プランに変更する。
・客センからでも手続き可能
・翌月適用で新プラン(新ピタットプランN)に変更されると、違約金が1000円に下がる
・10月に手続きして、11月以降に解約手続きをすれば1000円の違約金に

auさん、なんて素晴らしい携帯古事記の終活を提供してくれているのでしょうか。

実際にやってみた

今回筆者はauお客様センターより手続きをしました。
料金プラン相談より、新しいプランに変更したいを伝えます。
近い日付で解約するので、違約金の安い新しいプランにしてくださいと伝えるとスムーズにことが進みました。

気をつけたいのは料金プランが変更となるため、機種変更時に1000円×nヶ月かの割引やスマートバリューの割引額条件(台数によって変化など)が変わっておりますので注意してください。

「2年契約N」という文字が新鮮ですね!!

庭回線を抱えた皆様!プラン変更の仕込みをして不要な庭回線を安く来月解約しちゃいましょう!
<シェア>急ぎのコメントはツイートすると早く回答できます。
スポンサーリンク

広告