世間ではiPhoneXS販売ラッシュの起きている10月
私もiPhoneXS Maxを購入しようと思いましたが、今回は辞めました。

あまり変わっていない
結構今回在庫多いしなぁ
そもそもiPhoneXシリーズって重くない!?

ということで代わりのものを購入しました。

それはこちらです。

三菱 アイ です。


今回は購入した理由、おすすめポイントを紹介します。

ミッドシップ・4人乗りという貴重な選択肢

なんとこの車はミッドシップというエンジンが後ろにある車なのです。
そして、4人乗れるという実用性を持ち合わせています。
実はミッドシップ・4人乗りの車といえば、

ロータスの高級スポーツ車
エヴォーラ
です。

というかそれぐらいしか似た条件を満たす車がないのです。

広い目でみるとこれと兄弟になっちゃうのですね(車格とボディは全然違いますが)
軽で近いものが味わえると思うと素晴らしいです。

このミッドシップの乗り心地として、色々なメリットを体感することができました。
通常の軽自動車というか殆どの車はフロントにエンジンがあり、
重心が前にある車が多いです。

この車はエンジンはリアからできる限り中央部に置いているため
重心が中心にあります。

それにより、
結構曲がってくれますし、ブレーキも安定して効く走行上のメリットがあります。

運転すると面白いんです、まるでゴーカートのような走りがします。

ただし、車高・ロールは高いので本気で飛ばすと横転しますので気を付けましょう。
世界のスーパーカー、フェラーリ・ランボ・NSXがミッドシップとなる理由がわかります。

ちなみに4WD仕様もありますので、雪道最強の走りができますね。

走行以外にもメリットがあり、
・リアにエンジンがあることによりホイールベースが異様に長い。
・フロントの足下がアホみたいに広い
・前席はエンジンから離れているので軽にしては静か
・リア衝突にも強いボディ

と乗車する人に非常に優しい作りとなっています。


見てもわかるとおり、ホイールベースめっちゃ長いです。

足下広いですよね

(ただし、リアは贅沢な吸音材を入れてもエンジン音が・・・、狭い荷室とトレードですが…)

iPhoneXS MAX + AppleCareで買えちゃう低価格


こんな変態な車なので、リセール市場は異常に安いです。
巷では軽ターボで1番安いと言われています。

ちょうど近場でタマがあり、走行は10万キロを超えているものの
車検がフルについて約20万円となり
iPhone XS MAX 512GB + Apple Careとほとんど変わらない額なのです。

安いっすねー。って、今のiPhoneが高いんですよね・・・

Appleとちょっとしたつながりの過去が

三菱 i(アイ)とiPhoneはなんか似ていますよね。
実は過去にコラボした特別仕様車があったのです。


i Play Edition

iPod nano (初代)とiPodの接続できるナビが付いた特別仕様です。
当時大人気だったiPod nanoがセットになっていました。

それよりiPodと繋ぐ端子が付いていたので、
実質iPhoneみたいなものですね!

この時代からAppleとコラボするのは珍しいと思います。

確かこのiPod nanoはi限定の刻印がされているので、
iについてきたiPod nanoがオークションに出ていたらコレクションとして確保しておきたいです。

未来的なデザインは今でも通用する


超個性的なデザインで今でも通用するデザインです。
可愛さがありますよねー。そして愛着湧く車といえるのは間違いナシです。

ちなみに電気自動車で有名なアイミーブと見た目は一緒なので、
他の人に見せると「あの電気自動車だよね」とよく言われます。

が、こちらは原動機付き軽自動車です

トランク下にエンジンがあり、エンジン上吸音材を外すとメッチャいい音する!


最近の走りとして、これをやっています。
トランク部の下にエンジンが積まれている珍しい車です。
間に分厚い吸音材が敷き積まれており、これである程度の音を防いでいます。

しかし、これの吸音材を外して窓を閉じて走ると
「いい感じにエンジン音が聞こえてきます」

ダイレクトな音と、高速時は加給音の良い響き

エンジンルームが室内と繋がっている車はそうないので良い経験ができます。

せめて言えば、4気筒だったら更にいい音になったのでしょうね!

それでは、
三菱 i(Phone XS MAX)でエンジョイしたいと思います。

<シェア>急ぎのコメントはツイートすると早く回答できます。
スポンサーリンク

広告